INTERVIEW インタビュー

INTERVIEW

鈴木 一平投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント

裁量権の大きさとスピード感に魅力

新卒で野村證券に入社。個人・法人のお客様の資産運用をお手伝いしながら、M&Aコンサルティング業務も行っておりました。その後、野村證券での経験を活かして、大手M&A仲介会社に転職。

大手M&A会社では実現できない、個人がより裁量権を持って動くことが推奨されていることや、新事業のスピード感に魅力を感じ、Growthix Capital株式会社に入社を決意。

投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント(Vice President):鈴木 一平

刺激的でワクワクする毎日

当社は投資銀行事業部に限らず、バイタリティーに溢れる方が多いですね。

各人が工夫して成果にこだわっている印象です。それぞれが違った経験・強みを持っていて、尊敬できるメンバーばかりで毎日ワクワクしながら働いています。

投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント(Vice President):鈴木 一平

サーチファンドという新しい提案

当社は日本ではまだ新しいM&Aモデルであるサーチファンド事業を展開しています。一般的なM&Aだけでなく、提案の幅が広がるので、これまで以上にお客様に寄り添った提案ができるものと考えています。

事業立ち上げから今に至るまでの過程を間近で見てきましたが、M&Aアドバイザーとして良い経験になっていると思っています。M&Aアドバイザーはビジネス上、経営者様と対峙しますが、ほとんどの方が経営経験がありません。

経営の実務・苦難を知ることができるサーチファンド事業と常に触れ合うことで経営の本質を知り、少しでもお客様に近づけるのではないかと考えております。

投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント(Vice President):鈴木 一平

日々の勉強と周りのサポート

私は、物流・産廃・IT・小売業など幅広い業界を担当しております。 M&Aアドバイザーという仕事は日々の勉強なくして、ディールを円滑に進めることは出来ません。法務・税務・財務についての知識習得、業界勉強も毎日欠かさず行っています。

一方で、積極的に周囲へ相談することも心掛けています。ディールをすべて一人で完結できるのであれば、それに越したことはないですが、様々な意見を取り入れることが大切だと考えています。

当社はメンバー全員が協力することを惜しまないので、結果的にお客様の課題解決に繋がるご提案ができているのだと思います。

投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント(Vice President):鈴木 一平
投資銀行事業部2部 ヴァイスプレジデント(Vice President):鈴木 一平

前向きな思考で
貪欲にコミット出来る方へ

M&A業界に対してきらびやかなイメージを持っている方も多いと思いますが、実際には、地味な作業の積み重ねが必要で、やるべきことを愚直にコツコツ、一生懸命に努力することが重要です。

当社は、アドバイザーの努力・成果に応じた評価制度を設けているので、前向きな思考を持ち、成果を上げることに貪欲な方と一緒に働きたいですね。

INTERVIEW