INTERVIEW インタビュー

INTERVIEW

平田 亮太投資銀行事業部4部 アソシエイト

Growthix Capitalに
大きな夢を感じ入社を決意

大学在学中にビジネスで成功したいと強く思い起業。地域の飲食店を紹介するインスタグラムでのメディアを運営し広告枠を販売していた。順調に成長し売り上げも立っていたが、2020年からまん延した新型コロナウイルス感染症により売り上げもかなり落ち込み、これ以上注力してもスケールする未来が見えないと判断し撤退。

そんな中代表の中島と出会い話をする中で、Growthix Capitalに対して大きな夢を感じた。自分では到底想像できないことを描き、さらにそれを描いている中島は31歳と若い。その圧倒的な魅力に引き込まれ、入社を決意。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):平田 亮太

日々研鑽しあい、
想像以上のスピードで成長を実感

M&Aは社会的インパクトも大きく、動く金額も大きいです。自分のしたことで社会に大きな影響を与えられる仕事ですから、とても面白いです。

社内のメンバーも自分の仕事に誇りを持っているメンバーばかりです。それぞれが野心を持っていて、自己実現欲が強い。日々研鑽しあうので、想像できなかったスピードで成長できているなと感じています。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):平田 亮太

より幅広いサポートができることを期待

当社が新規事業として進めているサーチファンド事業は、これまでのM&A仲介会社がサポートしきれていなかった規模・業界に手を差し伸べられるのではないかと期待しています。これまで以上に幅広くサポートできることは嬉しいですね。

数多くのM&A仲介会社が存在していますが、サーチファンドに挑戦しているM&A仲介会社は本当に少ない。サーチファンドという新しい事業承継のカタチを多くの方に知っていただきたいですね。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):平田 亮太

常に誠実な気持ちを大切に

お客様と常に誠実にお話しすることを意識しています。M&Aアドバイザーとして、時にはデメリットをお伝えすることもありますし、M&Aを勧められないとお伝えすることもあります。

お客様にとっては人生1回あるかないかの大きな決断ですから、嘘偽りなく、ベストな選択をサポートしたいです。対峙しているお客様も何億と株式価値がつく会社のオーナーなので嘘や偽りはすぐに見破られると考えています。

一流の経営者であるお客様とM&Aのプロとして良い意味でフラットに議論することが必要であり、それが納得感を持ったM&Aに繋がると信じています。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):平田 亮太
投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):平田 亮太

人生を仕事に生きると
決めたならぜひ経験すべき

年収ランキングの上位にあるからといった理由でM&Aアドバイザーという仕事に興味があるのであれば、やめた方いいと思います。お客様の人生で1回あるかないかの決断に寄り添う仕事として、生半可な気持ちではやり遂げられません。

ただ長いキャリアを開いていく上で、人生の中心に仕事を置くと決めたなら、ぜひ経験すべき仕事だと考えます。若いうちにこれだけハイプレッシャーでハイクオリティが求められる仕事に触れられるチャンスはなかなかないと思います。ぜひ機会をつかんでください。

INTERVIEW