INTERVIEW インタビュー

INTERVIEW

室伏 良投資銀行事業部4部 アソシエイト

学生起業の経験から生まれた
M&Aへの興味

学生起業家として大学3年生の時に、SNSマーケティングの会社を立ち上げ、僅か2年で年商約3億円まで成長。会社の仕組みを知る中でM&Aに興味を持つ。

大手M&A仲介会社の場合、組織が大きく全てのステップに関わることが難しいが、スタートアップ企業であるGrowthix Capitalは、一連のM&Aを学ぶには最適だと考え、入社を決意。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):室伏 良

代表の高い視座が
会社メンバーを引き上げる

私自身も学生起業家として全速力で走っておりましたが、Growthix Capitalは圧倒的にビジネススケールが大きく、スピード感があると実感しています。

Growthix Capitalにはそもそも洗練されたメンバーが揃っていますが、代表である中島の視座が非常に高いので、自ずとメンバー全員のレベルも引き上げられていますね。私自身も圧倒的な自己成長を実感する日々を過ごしています。

今後求められるのはM&Aアドバイザーの質

サーチファンドによる事業承継事例は日本には数えるほどしか存在せず、Growthix Capitalはその分野においてはパイオニアであり、新しい市場を開拓していることは非常に魅力的です。

サーチファンドは事業承継の選択肢の一つになると確信していますが、一方でサーチファンドが広まるとM&Aアドバイザーの質がより問われる世界になるのではないかと考えています。

これまでの一般的なM&Aに捉われない、複数の選択肢から最適なご提案ができるM&Aアドバイザーであるかどうかが問われるのではないでしょうか。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):室伏 良

常に先を見据えた自己成長を

M&Aアドバイザーは日々の勉強が必須です。税務・法務・会計の勉強はもちろんですが、M&Aアドバイザーとしての質を高める為に、ITリテラシーの向上も心がけております。

M&A業界はまだまだIT分野において遅れを取っていると感じていますが、将来的には必須な知識ですので、常に先を見据えた自己成長をしていきたいですね。

投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):室伏 良
投資銀行事業部4部 アソシエイト(Associate):室伏 良

終わりのない
M&Aアドバイザーとしての成長

お話しさせていただくお客様は皆一流の経営者であり、年齢はもちろんのこと、ビジネス経験も圧倒的に劣っています。一方で私たちがお客様に提供できることはM&Aのプロとしての知識です。

M&Aアドバイザーは一見花形な職業に見えるかと思いますが、一人前になる道のりは途方もありません。むしろ一人前と言える時がくるのか、と思えるほど終わりのない成長を求められます。

この終わりのない道のりを自分の力で進むことが出来る覚悟のある方がM&Aアドバイザーという仕事に向いているのではないでしょうか。

INTERVIEW